So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

妻のヘソクリは妻の財産となるか その3 [贈与のすすめ]

先日の新聞に妻のヘソクリ額が平均127万円で、夫の平均33万円をはるかに上回
っているという記事がありましたね。

 この不況下、貯蓄額も伸びているようですが、女性は男性以上に防衛本能が強く、節約
志向も強いようです。
 そんなコツコツ貯めた大事なヘソクリですが、一つだけ妻のものにする方法があります。

 それは、夫と妻との間で毎年、夫が妻に渡している生活費のうち、妻の家計のやりくりで
余ったお金は、最後に夫に報告した上で、その余剰金を妻にあげる、という契約書を結ぶ
ことです。

 これをやらないで、内緒で妻がヘソクリ゛貯めていても、これは単に夫のお金を妻が預か
っているにすぎず、贈与が成立したことにはなりません。
 また家計をヤリクリして、余れば妻にあげると夫が言っても、第三者特に税務署に説明
できる資料はありませんので、言った言わないの話となり、決定力がありません。

 これに対し、1年間が終わったところで、1年間の家計の収支計算をし、その上で妻の
内助の功に感謝し、贈与契約書を作成した上で、妻に正々堂々と余剰金をあげれば、
それは立派な贈与です。

 そして贈与が成立した時点で、それまで余剰金は夫婦共有の財産であったものが、妻
単独のものとなります。勿論その後妻がそのお金をどう使おうと妻の自由です。

 この場合気をつけることは、以下の通りです。
①1年間の家計収支計算書を作成すること
②贈与契約書を作成し、夫と妻の連名で署名すること
③余剰金は一旦、夫の口座に預け入れ、その上で妻の口座に振り込むこと
 現金での精算でなく、通帳同士の送金の手続きをとることにより、証拠を残すことが
 肝心です。
④妻の口座は、妻がいつも使用している口座とすること
⑤できれば110万円以下の贈与額であっても、毎年確定申告を行うこと

 とにかく贈与が成立したこと、そしてもらった妻が、もらったお金を自由に管理し処分で
きる状態になっていることを客観的に示すことが必要です。

 夫婦間でここまで割り切ってやれる夫婦も少ないとは思いますが、せっかくあげるのなら
第三者が見て、特に税務署が見て、疑問の余地がない位しっかり手順を踏まれることを
お勧めします。
 
 ただこうすることによって、後から離婚の問題が生じたとき、夫から見て妻にあげたお金
を、取戻し計算することは難しいと思いますが...。
 何故ならあげてしまったお金を再び返せとは言えないからです。
そういう意味でも、どうか離婚することのないよう、くれくれも夫婦いつまでも仲良く。


小池税理士事務所ウェブサイトはこちらから
↓↓↓↓↓↓
blog_tel.gif
http://www.koike-tax.com/
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。