So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

相続税の申告及び相続税の税務調査留意点 その2 [税務調査について]

相続税の申告の要諦は、一に資料収集、二に資料収集、そして三つ目に評価という位、
資料収集にかかっていると言っても過言ではないでしょう。
 言い換えれば資料収集がキチンとできれば、それだけで相続税申告にあたって半分
以上作業が終わったと言えるでしょう。

 その位、資料収集が大切なのには、次のような理由があります。
①相続税の申告は、亡くなった方の一生涯かけての財産形成、蓄積過程を見ていくの
 ですから、その方の生い立ち、家族構成、考え方、性格、趣味、嗜好、夫婦親子関係、
 兄弟、親戚、姻戚との付き合いなどまである程度立ち入らざるを得ません。
 その過程の中で、財産形成にかかわる資料の提示をお願いしていきます。
②亡くなられた方のご遺族、つまり相続人の方々は、そもそも相続で精神的にも落ち込
 んでいる上に、相続の後の諸手続きにも当然慣れておらず、まして相続税の申告に
 あたってどの資料が必要かも分かっておられないのが、一般的です。
  従って私たち税理士であれば、当然必要と思われる資料でも、相続人の方々につい
 ては、その知識もないので、何の資料が必要かを解きほぐして丁寧に、時間をかけて
 説明していく必要があります。

 このように資料収集は、どういう資料が必要なのか、どうしてそういう資料の提示が
必要なのかを、粘り強く、丁寧に説明し、少しずつ収集していくことが大切です。
 従って全ての資料が一度や二度で揃うことは滅多にありません。それこそ毎月お会い
する度に資料を少しずつ頂いていくというのが、むしろ一般的です。


小池税理士事務所ウェブサイトはこちらから
↓↓↓↓↓↓
blog_tel.gif
http://www.koike-tax.com/
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。