So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
緑支部の活動について ブログトップ

緑支部の活動について その2 [緑支部の活動について]

その1で書くスペ-スがなくなってしまいました。続きを書きます。
一般の税理士のあえて短所を言わせていただければ、組織に対する理解が足りないことが挙げられます。
組織で動くこと、組織の重要性に対する理解が不十分であると私には思えてならないのです。
確かに税理士会は強制入会制の全国組織であり、しっかりとした基盤があります。しかしその1で触れましたように、会務への参加意欲は決して高くなく、また組織をもっと生かしてゆこうという考えは、民間企業の組織力に比べてだいぶうすいように思います。ただこれは何も税理士会だけに限ったことではないのかもしれません。士業といわれる弁護士、公認会計士、司法書士、不動産鑑定士、社会保険労務士、行政書士など〃士〃と名がつく業では、構成員一人一人が独立した事業主であることが、一般的なサラリ-マンと決定的に違うことは事実です。
しかし、ある目的のために一枚岩にならなければならない局面もあります。たとえば税理士法の改正や税理士の持つ建議権の行使など、私たち税理士の力を結集して意見を集約し、関係諸機関に対して大いに影響力を行使していかなければならない局面においても、その組織の力が十分発揮されているとは言えないのが現状ではないでしょうか。
昨今の法律改正の中でも、あえて悪法と言わせていただきますが、①土地建物の譲渡損失の原則切り捨て制度、②特殊支配同族会社の業務主宰役員への報酬の一部損金不算入制度は、その成立過程において大いに疑問ありの法律です。
当然税理士会は大反対、今でも両制度に対して廃止を訴えています。しかし法律が施行されてしまって今に至っている現状を見るにつけ、なぜ事前に食い止められなかったのか、私たち税理士会が建議権に基づき毎年建議書という形で、国税庁に税制改正に対する税理士会としての意見書を提出している意味があるのか、という疑問も出てきます。
上記の2つの法律は、だしぬけに何の前触れもなく、しかも電光石火のごとくあれよあれよという間に施行され、しかもその影響は大変なものがあります。特に前者の譲渡損失切り捨ての法律は、違憲がどうかをめぐって、最近2つの地裁において全く異なる判決が出たくらいその合憲性において大いに疑問の残る法律です。私が税理士会で一人一人の税理士の方々と接するにつけ、一人一人のポテンシャルは高いのに、、組織としてみるにつけ、国税当局からバカにされているのではと思うのた私だけでしょうか。せっかく税理士が税理士法第1条の遵法精神に基づき、清々粛々として税務行政を民の立場から支えようとしても、どんどんロクな手続きも経ずして、悪法が作られている現状では、私たち税理士は本当に各納税者を守ることができるのだろうか、と大いに不安になってしまいます。
私たち税理士は、国から作られた法律をただ遵守し執行するにとどまらず、国とともに良法をつくってゆくより積極的な姿勢が求められているのではないでしょうか?それでこそ納税者に法を遵守してゆくことを指導できるのではないでしょうか?
 話が大きくなりすぎました。また自分自身も興奮しすぎてしまいました。大変失礼いたしました。この辺で話を元に戻します。
 支部の活動は各会員と仲良くなれるという当初の目的が達成できたので、私にとっては大いに収穫でした。
ただ、緑支部約300名の中で、支部活動に全く携わっていない方が半数以上いらっしゃるのは大変残念なことです。
お互いお客様を顧問先に持ち、忙しい日々であることは事実ですが、それこそ会員同士が会務を上手に分担しあって、
会務を遂行していく中で互いの連帯意識が生まれ、税理士会についても関心が生まれ、会の改善に向けてのより積極的な意見がどしどし出るのではないでしょうか?
政治と同じです。無関心からは何も生まれないし、変わらない。私たち税理士は、それぞれ関与するお客様のためだけの存在ではなく、もっと公共公益的な存在である、と私は思いますし(傲慢不遜な気持ちでは決してありません、念のため)、そうあらねばならないと思います。各会員が会務にもっと積極的に参加し、税理士の制度、立場についてもっと前向きに取り組めば、税理士会はもっと強固な知識集団となっていることでしょうし、そうなることを切望しています。
 次回は本会の活動について書きます。

東京地方税理士会緑支部の活動について その1 [緑支部の活動について]

3月17日、長かった確定申告がようやく終わりました。今年はうるう年で2月が1日長かった上に、3月15日が土曜日だったため申告期限が2日ずれたおかげで、実質3日間例年よりも確定申告日数は多かったことになります。
それでも例年のように、申告が最終日になってしまう。毎年毎年気をつけているにもかかわらずちっとも改善しない。
進歩がないとつくづく反省の日々です。
でもまあ終ってよかった。お客様からの預かり資料の山に埋もれて仕事を続けているのは、大変体特に心臓に悪い。
税理士の平均寿命が国民平均を大幅に下回っているのはご存じですか?正確な数字は不明ですが、確か74~75歳ぐらいだったかと記憶しています。体をあまり動かさず、期限に追われる毎日ですから体に良いわけがありません。
4月に入ってから季節も花ざかりのよい季節だし、皆さんせいぜい体を動かしましょう。
そんなわけで大分ご無沙汰していたブログを久々に書くことができます。
本来であれば、ISO9001の奮闘記の続きを書くところですが、あまり固い記事ばかりでも何なんで、今回は私が税理士会で活動している東京地方税理士会の緑支部での活動について思いつくままに書いてみようと思います。
税理士は皆さんご承知のとおり強制入会制度を採っており、私も例外でなく、東京地方税理士会に所属しています。
全国には10数個の単位会があり、私の所属する東京地方税理士会(以下、本会といいます)は、神奈川県と山梨県に事務所を構える税理士がそのテリトリ-となっています。さらにこの本会には、上記2県に21の支部があり、私の事務所がある横浜市緑区は、緑支部が管轄しています。従いまして、私は東京地方税理士会緑支部所属の税理士ということになります。
税理士は強制入会であり、全会員が本会および支部に所属していますが、支部および本会の諸活動に積極的に参加する方は残念ながら限られています。会員にはならなければなりませんが、会員として会の活動に参加するかどうかは任意だからです。私は、以前東京税理士会町田支部に所属していた時には、税理士だったこともあり、何の活動もしていませんでした。そのため仲間もできず、さみしい思いもしました。ですから緑支部に移ってからは会務を積極的にやろうと思い、なんと7つの部の部員になりました。厚生部、広報部、学術研究部など。
おかげで開業したてでありながら、ボランティアに忙しい毎日でした。自分でも仕事をやっているのだか、ボランティアが本業だか分らない状況でしたが、支部の人たちには新人でありながらすぐに名前は覚えてもらえました。だって支部の会合にはたいてい顔を出しているのですから(笑)。
さすがに3年目からは所属している部の数は7から5に減らしましたが、もうこれでもかと思うぐらいやりました。
そうしていると、こいつは便利な人間だと思われるのでしょうか、副部長そして部長の依頼があり、支部の厚生部長および総務部長をやらせていただきました。支部の活動をやってきて気がついたこと、それは税理士の方々はひとりひとり大変個性的であるということ。良くも悪くも個性的です。私は会計事務所に入所する前のわずか2年間でしたが、大企業のサラリ-マン経験がありますし、町田の税理士事務所にいた時も、組織を念頭に仕事をしていました。
それが独立して支部の先生方と接すると、一種のカルチャ-ショックにかかりました。自分のような没個性的な日和見主義の人間では、この税理士会の中で埋没してしまう。もっと個性的にならなければ、もっと自分の考えを強く持っていかなければ、と。考えてみれば、税理士一人一人は個人事業主であり、一国一城の主ですから当たり前のことかもしれません。ですが私はもっとサラリ-マン的なイメ-ジを持っていました。(サラリ-マンの方々ごめんなさい。私がイメ-ジするサラリ-マンとは、組織で動く人たちつまり上意下達でうごく従順な人たちですが、今の世の中ではサラリ-マンの世界もそうそう生易しいものではないと思います。)
ですから私は支部の税理士の方々と接する中で、もっと自分の意見を持て、もっと自分を強く持てと強烈なメッセ-ジをいただき、今でもかくあろうと強く自分に言い聞かせています。
一般的な税理士のすぐれた点は、自分をしっかり持っていることですが、残念ながら欠点を言わせていただくとすれば、
緑支部の活動について ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。