So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ツキを呼ぶ研修受講報告 ブログトップ

ツキを呼ぶ研修を受講して その6 [ツキを呼ぶ研修受講報告]

 また五日市講師は、こんなこともおっしゃっていました。
 より自分をポジティブにするためには、潜在意識に働きかけることも必要です。
 最も効率的に潜在意識に働きかける方法があります。
 それは、鏡の前の自分に向かって自分の願望を言葉に出してみる。しかも過去形で!
 つまり「....が成就してよかったなあ。感謝します。」というように。
 また寝床に入ったときに、自分の枕元に上記の願望が成就した時のフレーズをテープに録音しておき、それを聴きながら寝るというものです。

 このようにして自分そして他人、自分の周りのあらゆる環境を「ありがとう」という言葉とともに客観的に受け入れることによって、人は執着心、敵愾心、嫉妬心などの邪念から、解き放たれるのではないでしょうか。そして同時に憑きものが取れたように楽になるのではないでしょうか。
 そして自分を信じることによって、他人との無用な競争心が起きずむしろ他人を認める余裕すら出てくるのではないでしょうか。

 私が前にブログア-カイブで書いた「私の愛読書」では、加藤諦三氏著の「アメリカインディアンの教え」という本があります
 その中にアメリカインディアンは、変えられるものは変えようとするが、変えられないものは素直に受け入れるという内容のフレーズがあります、

 まずあらゆる事象を素直に受け入れるという広い心を持つこと、これによって今自分の身近に起こって問題の半分以上は解決できるのではないでしょうか。

 自分にとって望ましい状態しか認めない、また認めようとしないことによって、人は絶えざる争いの中に身を置かざるを得ない。
 認めてしまえばその緊迫状態から解放され、気持ちが楽になるのに。
 競争社会に身を置き、常に緊張状態を強いられ、眉がいつもつり上がっている精神状態は、とても自分を取り戻した状態にあるとはいえません。

 この「ありがとう」「大丈夫」「感謝します」という言葉を口ずさむことによって、本来の自分を取り戻す、自分の良さを取り戻す、これが五日市講師のおっしゃるところの、まさに「ツキを呼ぶ魔法の言葉」なのだと強く感銘した、今回の有意義な研修でした。

nice!(0)  コメント(0) 

ツキを呼ぶ研修を受講して その5 [ツキを呼ぶ研修受講報告]

 以前、私が税理士事務所を開業して間もない時に、書店で思わず手に取った書籍があります。
 それは「思考は現実化する」というタイトルの本でした。
 その本の言わんとすることは、なりたい自分、自分の願望、夢を強く思い、その実現を強く信じることができれば、自分の思いは実現するというものです。

 この本を読んだときにも、まさかと半信半疑でしたが、何度か読みこなしていくうちに、結局筆者が言いたかったのは次のようなプロセスだと思いました。
 つまり単なる願望、夢といった漠然としたものではなく、もっと具体的に自分の成功をイメージし、日々その願望が実現することを自分の心に強く念じることによって、自分を自己暗示にかけ、より積極的な行動を起こさせるとともに、それだけ強い信念を持つことによって、指向性アンテナの感度が良くなり、自分に巡ってきたチャンスを逃がさず、それが成功につながる、これが思考が実現化するプロセスであるということです。

 ゴルフなどでもよく、イメージトレ-ニングをしなさいと言われます。
 アドレスに入るまでの一連の行動の中で、自分の打つ球の弾道を思い描く、落とし所をどこに決め、そのためにはどういう球を打つかを具体的にイメージしなさい、というものです。

 ですからこの「思考は現実化する」という本で説いているエッセンスは、一言でいえばイメージトレ-ニングにあると私は思っていますし、そういう点では書いている内容はごくオーソドックスなものであると思います。  

 しかし、強く自分に成功のイメージを思い描く、それもより具体的に、と言われると、少なくとも私にとっては大変な力業であり、想像力、イマジネ-ションに乏しい自分にとってはどうしてもそのイメージが湧かず、結局くたびれて、想像するのをやめてしまうのでした。

 しかし、今回の五日市講師のお話は、もっと手軽に出来そうなので大いに心を動かされました。
 事態が思わしくなかったとしても「ありがとう」、失敗した時は「大丈夫、大丈夫」そしてうまく事が運んだ時には「感謝します」、これをその都度口ずさむこと位でしたら、習慣づけができれば十分に続けられそうだからです。

 むしろこの程度で本当に自分にツキが呼び込めるのか、信じられない心境です。
 その成果は少なくともこの習慣を3か月続けてみて、3か月経過後に皆さんに改めて報告させていただきますので乞ご期待です。


nice!(0)  コメント(0) 

ツキを呼ぶ研修を受講して その4 [ツキを呼ぶ研修受講報告]

 特に五日市講師の講義の中で印象に残ったことは、その「ありがとう」という言葉をいうタイミングです。
 まず確認したいのがこの「ありがとう」という言葉は、人に対して発するのではなく、自分に対して発するということです。勿論「発する」わけですから、心の中でつぶやくのではなく、はっきり言葉に出して言うということです。

 そしてそのタイミングですが、何か良い事があったときと考えるのが一般常識だと思うのですが、何と五日市講師は、次のようにおっしゃるのです。
 「困った事があった時や失敗した時、或いは相手に対して怒りが込み上げてきた時に使いなさい。まず自分に対して「ありがとう」と言ってから、次の言葉を続けてください。」

 そして五日市講師自身、交通事故に遭遇して、車と車がぶつかる瞬間に「ありがとう」と叫んだというのですから、これにはビックリしました。
 つまり何が起きても、自分にとって良いことと思えるようになればしめたものだということです。

 ここまで徹底すると見事の一言に尽きますが、このように自分そして自分を取り巻くすべての環境を受け入れるという、広い心を持って事に臨めば、自分の心にゆとりを持っていますから、冷静に事に対処できるでしょうし、また周りの人にもそうした冷静沈着な行動は安心感を与え、大いに頼りにされるようになるでしょう。
 そして何よりその超ポジティブ思考が周りの人にもプラスの影響を与えるであろうことは想像に難くありません。

 事実、五日市講師の執筆された書籍は、一流スポ-ツアスリ-トの間で多く愛読されているようです。
 ついこの間、北京五輪が終わりましたが、一流スポ-ツアスリ-トは皆自分を高める術を身につけています。自分を肯定し、自分を絶対的に信じないと、あの極限の精神状態の中では、到底戦えないのでしょう。
 そのために彼らは、自分を信じ、自分に力を与えてくれるものにすがりたくなるのは当然のことだと思います。
 
 五日市講師の唱えているツキを呼ぶ魔法の言葉、自分に対して「ありがとう」そして自分が困った時には「大丈夫、大丈夫」という言葉は、自分を落ち着かせ、自分を肯定する最上のフレーズだからこそ、極限状態に追い込まれた人たちが藁をもすがる思いで口ずさむのでしょう

nice!(0)  コメント(0) 

ツキを呼ぶ研修を受講して その3 [ツキを呼ぶ研修受講報告]

 半分言い訳になりますが、我々税理士の仕事というのは、基本的にはチェック業務でして、人様がやった処理をチェックし、ミスがあれば正していくことです。
 ですから、基本的に人を信じない、というか信じてはならない、と私は自分の心に決め、それが職務に忠実なのだと固く信じてきました。
 ということで、私は人をあまり褒めない、自分もあまり褒めない人間になってしまったのです。

 だって私の常識では、仕事は出来ていて当たり前、ミスをすればマイナス評価という100点からの減点方式で自分も人も見てきましたし、それでなければ自分は税理士という仕事が勤まらないと思っていましたから、周りのひとから見ればキビしいというか、人の挙げ足をとるとてもイヤな人間であっただろうと思います。
 しかし自分はこうした職業に就いている以上、嫌がられたり、煙たがられるのは仕方がない、むしろ厭がられる位で丁度良い、と割り切って仕事をしていました。

 かように自分を褒め、相手を褒めるという思考は自分の中には基本的にはありませんでした。
 巷にあふれているビジネス-関係や心理学、教育関係の書籍では、人は褒めて育てなさい、と力説されていますし、私もそうした書籍を何冊か読んで、自分の気持ちが変わるかと思いましたが、結局変わりませんでした。

 今回の研修を受講して気がついたことは、仕事に忠実であろうとすればするほど、常にリスクを意識し、最悪のケ-スを想定するマイナス思考のスパイラルにはまっていた自分でした。
 そこには、常に満たされぬ精神状態で日々を送っている淋しい自分がいました。
 何故なら人生において、仕事において100%という状態はありえないからです。
 その満たされぬ思いに取り憑かれている以上、慢性的な飢餓状態が続いているのですから、幸せを感じる瞬間は殆どないであろうし、そういう自分を肯定する精神状態にもないわけです。

 ですから今回の研修は、自分にとっては人生観のまさにコペルニクス的転換であり、大いにカルチャ-ショックを受けました。

 自分に対する感謝の言葉を述べ、自分の置かれたあらゆる状態を受け入れること、これが五日市講師のおっしゃられた、「ありがとう」「感謝します」という言葉の真髄だと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

ツキを呼ぶ研修を受講して その2 [ツキを呼ぶ研修受講報告]

 そして声優さんは当たり前のことですが、言葉を大変に大切にしていらっしゃいます。
 言葉は言霊であるというのはよく聞きますが、言葉は口から発した途端に、自分にもそしてそれを聞いた人にも大きな影響を与える、だから決してマイナスオ-ラを発する言葉を発してはならない、というのです。

 言葉は人を規制する、という五日市講師の話は自分の心に染み入るように入っていきました。

 この研修を受ける前から、「口は災いのもと」という諺にあるように、言葉は他人だけでなく、自分も傷つけるので非常に取扱いが難しいことは、自分の苦い経験からいやというほど分かっていましたから、何とか言葉で失敗しないように、言葉を上手に操ることの必要性を痛切に感じていました。

 五日市講師の話は、私のようにマイナス思考からではなく、プラス思考で言葉を発することによって、自分のそして自分を取り巻く人の人生を明るくしようとするものでしたので、まさに目からウロコが落ちた思いです。

 ポジティブ思考と言いますが、確かに自分が失敗した時に、自分に対して大丈夫、何とかなるさと慰める言葉はひとり言で度々呟いていました。
 しかし小心者で心配性の自分にとっては、明るいプラス思考の言葉を発するとしたらせいぜいその程度でした。
 五日市講師の言われるとおり、自分で自分の言葉に縛られる怖さは何となく感じていましたので、マイナス思考の言葉を発することは極力気をつけていましたが、積極的にプラス思考の言葉を発するまでのことは考えてきませんでした。

nice!(0)  コメント(0) 

ツキを呼ぶ研修を受講して その1 [ツキを呼ぶ研修受講報告]

 今回は、10/2に受講した非常にためになる研修について述べたいと思います。
それは、五日市教授による「ツキを呼ぶ魔法の言葉」という研修です。

 最初、主催者の保険サービスシステムさんからFAXにてこの案内をもらった時、何かインチキくさい研修かなと思ってしまいました。(五日市先生、大変失礼しました。)
 要は心掛けを大切にしろという内容の研修だろう、そんなの聞かなくたって分かっているよ、とも思いましたが、小市民の自分は仕事や人間関係などで悩みも人並みに抱えていますので、ひょっとしてという期待を胸に抱いて、都内に向かいました。

 当日は夜6時からという遅い始まりの研修であったにもかかわらず、100名以上の受講者がいてびっくりしました。 20代後半から30代前半のビジネスサラリ-マンが殆どでした。

 定刻になり、講師である五日市氏の話が早速始まりました。五日市氏は少し太めでとても人懐っこい顔立ちをされていました。
 どんな話をするかと興味を持って聞いていたところ、切り出しは声優の話でした。

 五日市講師は、声優の増岡弘さんととても親しいらしく、増岡さんの話から入りました。
 増岡さんと言えば、アニメの長寿番組であるサザエさんのマスオさん役、そして同じく子供に大人気のアニメ、アンパンマンのジャムおじさん役で大変有名な声優さんです。
 その増岡さんと五日市講師のご長男がツ-ショツトで映った写真を見せて頂きましたが、何と増岡さんはマスオさんに似ても似つかず、かなりのご年輩で、聞けば昭和11年生まれというからビックリです。
 サザエさんでいえば、タラちゃんにしてもワカメちゃんにしても、その声優さんは60歳をゆうに超えていらっしゃるということで、これもまたビックリ。

 声は歳をとらない、とよく聞きますが、何故声優さんがそんなに声が若いのかと言うと、気持ちが若々しいからでそうです。
 つねに感受性が豊かで、感動する力が備わっている。
 考えてみれば、声優さんはスクリ-ンの自分が演じるキャラクタ-に対して、感情移入しなければなりません。子供のキャラクタ-であれば、子供の気持ちになりきらなければなりません。
 それも俳優と違って、それを声だけで表現するのですから、俳優さん以上に声に情感がこもっていなければなりません。
 そう考えると、大変な商売であると感じるとともに、そういう職業だからこそ常に若々しさを忘れず、感受性を研ぎ澄ましていけるのだなあ、と半分羨ましい職業だとも思いました。


nice!(0)  コメント(0) 
ツキを呼ぶ研修受講報告 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。